脱毛について

産毛の脱毛の処理ができる?4つのデメリット・7つのメリット

ムダ毛の太さなどによっては時間がかかる場合がありますが、産毛にも脱毛効果のある機械を使っているクリニックの紹介。

ぜひ参考にしてみてください。

※日焼けの炎症などが無い場合のみ可能(医師の診察が必要)

 

 

 

こんなことはありませんでしたか?

  • 産毛は脱毛できないと断られた。
  • 細くて脱毛できないと断られた。

 

 

 

産毛でもできる脱毛はあるのか?

産毛でも脱毛できる脱毛機は存在します。

日本でできる脱毛の機械は「SHR脱毛」という機械です。

 

脱毛の種類は大きく分けて3種類あります。

「レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」の3つです。

もっと詳しく見たい方はこちら=脱毛の3種類の違いを知っておく

 

 

産毛の脱毛ができるSHR脱毛とは?

SHR脱毛は光脱毛とも言われており、「蓄熱式脱毛」とも呼ばれていて、最新の脱毛機です。

工程は、脱毛したい箇所に専用のジェルを塗って、その部分に上から光を当ててムダ毛の中にある、毛の司令塔である「バジル領域」にダメージを蓄積させて、脱毛していく方法になります。

 

効果については、メリットとデメリットを見てきましょう。

 

 

SHR脱毛のメリット・デメリット

注意ポイント

  • 他の脱毛に比べて扱っているクリニックが少ない。
  • 完全な脱毛はできない。やめるとまた生えてくる場合がある。
  • サロンの光脱毛では「永久脱毛はできない」
  • 脱毛サロンとクリニックで機械のパワーが違う

最新技術であることで、導入しているサロンが少ないのが現状です。

特に脱毛サロンなどは、値段も安い分選びやすくなっていますが、効果に関しては脱毛クリニックの方が断然高いです。

サロンの光脱毛では永久脱毛が難しい

 

クリニックでは、医師免許が必要なため、使える機械のパワーや性能が高い分サロンよりも効果が高い。また値段もクリニックの方が高いのがデメリットでもあります。

 

 

 

SHR脱毛のメリット

ポイント

  • 最新の脱毛機
  • 光を広範囲に当てられるので、時間が短時間で済む。
  • 45〜50°Cの温度なので火傷などの肌トラブルが少ない。
  • 痛みが少ない。
  • 日焼けやほくろ、しみにもできる。
  • 細い毛や産毛にも可能。
  • 速い人であれば半年で脱毛が終わる。

脱毛サロンでは、料金も安く設定されているために、若い10代〜20代の人でも気軽に通うことが可能です。

また脱毛サロンの光脱毛は医療脱毛よりもパワーが弱い分「肌の負担が少ない」「痛みが少ない」ので肌が弱い人、痛みが苦手な人は脱毛サロンの光脱毛(蓄熱式)がおすすめです。

その他「日焼け」「色黒」「ほくろ」「しみ」「細毛・産毛」などにも脱毛が可能で、施術のスピードも速いのも魅力。

 

SHR脱毛がおすすめの人

こんな方におすすめ

  • 日焼けをしている人
  • 毛が細い人
  • 産毛も脱毛したい人
  • 時間をあまりかけたくない人
  • 痛みが苦手

この様な人には、SHR脱毛(蓄熱式)が大変おすすめです。

また毛が細い方においては、脱毛サロンでもほとんどムダ毛が生えて来なくなったって人もいるくらいですので、1度相談にいってみるのもいいかと思います。

ほとんどの脱毛サロン、クリニックではカウンセリングは無料になっていますので、気になる方はまず相談から動き出してみましょう。

【光脱毛(蓄熱式)ができるクリニック】この3つがおすすめ

 

 

 

 

 

 

ただし毛が太い様な方には、光脱毛より、レーザー脱毛で毛根から破壊するタイプの脱毛の方が、確実ですし、効果も速いです

問い合わせが殺到!脱毛クリニックおすすめ3選を公開

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、産毛でもできる脱毛の紹介をしました。自分に合っている脱毛の方法は自分ではわからない場合もあるので、1度は相談にいってみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

 

-脱毛について

© 2020 脱毛・ムダ毛をなくすドットコム