医療脱毛

【医療脱毛の効果と仕組み】3種類の器械のメリットデメリット

医療脱毛の効果について調べてみました。本当に効果があるのか、ないのか?口コミなども参考にメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

医療脱毛の効果と仕組みは?

医療脱毛は永久脱毛ができるので、もうムダ毛の処理はしたくない。毛が嫌いなんてなので人は、迷わず医療脱毛の「レーザー脱毛」を選びましょう。

この「レーザー脱毛」の力で永久脱毛が可能になっています。

レーザー脱毛の効果と仕組みは至って簡単で、ムダ毛の毛母細胞にレーザーを働きかけて破壊していくことで、ムダ毛そのものが生えてこなくなります。その結果永久に毛をみることはなくなります。

 

仕組みは、メラニン色素にレーザーが反応する特性を利用していますので、レーザーの光を当てながら毛根の黒い部分にレーザーを当てていきます。この脱毛の方法を別の呼び名で「ショット式」とも言います。

 

医療脱毛の機械

せっかく脱毛をするなら、効果のある脱毛機械を知っておくこともとっても大事です。

実はいろんな種類の脱毛器があります。

 

「ショット式」「蓄熱式」

 

脱毛器の種類は3つ

ここで、脱毛器の種類についてもご紹介しておきます。

先ほど紹介した「ダイオードレーザー式脱毛器」

「アレキサンドライド」「ヤグ」とこちらの3種類になります。

レーザー自体は「宝石」の光源を利用した方法。

 

医療脱毛の原理はメラニン色素に光が反応して吸収し熱に変わる原理を利用しています。この原理で発生した熱がムダ毛の発毛細胞にダメージを与えることで脱毛をさせることができます。

上記の3つは日本人に適した光の波長でありそれぞれで光の波長の長さが違います。

光の波長
アレキサンドライド 755mm
ダイオード 800mm
ヤグ 1064mm

これらの波長はどのくらい肌の奥まで届くかを表しています。

 

【蓄熱式脱毛ができるクリニック】おすすめ3選

 

 

 

 

 

 

アレキサンドライト

アレキサンドライトは、3つの中で1番短い光レーザーです。

海外でも多く使われており最も定番のものになります。

レーザーの波長は短いほど強さがあり、メラニン色素への反応も強いので脱毛効果も1番強のが特徴です。

 

デメリット

  • 肌表面のシミやくすみにも反応しやすい
  • 火傷のリスクがある
  • 日焼け・色黒・色素沈着の方はできない

 

メリット

  • 非常に高い脱毛効果がある
  • 毛穴の黒ずみ・くすみ・シミなどの改善効果
  • ニキビ後の改善
  • 毛穴の引き締め効果
  • 美肌効果

デメリット・メリットの様にレーザーのパワーが強い分、脱毛効果は高いが、メラニン色素や黒い肌に反応しやすいためのデメリットも存在するので、もともと色黒の人や日焼けしている人にはあまり向かない場合が多い

肌が白い人には、引き締め効果の様な美肌効果もあるのでおすすめです。

 

 

 

 

ヤグ

ヤグレーザーは3つの中で1番光の波長が長いレーザーになります。

宝石の結晶は「アルミニウム」「ガーネット」「イットリウム」

 

1番波長が長いため、痛みが少なく、脱毛効果も弱いのが特徴。メインはどちらかというと、ニキビやしわといった肌トラブル、ケアに使われることが多く、アフターケアなどに向いています。

 

デメリット

  • 脱毛効果が弱い
  • 時間がかかる

 

メリット

  • 日焼け・色黒・色素沈着にも使える
  • 火傷のなどのリスクが少ない
  • 皮膚の深いところの毛根にもダメージを与えられる
  • ニキビ・しわなどの改善
  • リフトアップ効果

 

 

 

蓄熱式レーザー脱毛ができるおすすめクリニック

【蓄熱式脱毛ができるクリニック】おすすめ3選

 

 

 

 

 

医療脱毛の後のケアの方法

医療脱毛後のケアもとっても大切!

「ケアの方法が違う」

「セルフのアフターケアをしていない」

など大変なことになる場合もあります。

 

特に医療系のレーザー脱毛の場合は、レーザーの出力も強いのでその分脱毛効果も高いですが、肌へのダメージやムダ毛の毛根・毛母細胞に直接ダメージを与えるので、肌の内部に熱がこもりやすくなってしまいます。

なのでちょっとした刺激で、敏感に感じてしまいます。

 

そこで大事なのがお家でのアフターセルフケアです。

  • 肌荒れ
  • 肌の黒ずみ
  • 炎症
  • 角質硬化による埋もれ毛
  • しみ

などが出てしまうリスクがあるので、せっかく綺麗にしようとしているのに本末転倒です。

特にかゆみなどが出やすいポイント

  • VIO
  • 脇(ワキ)

特にこちらの3つはセルフケアをしっかりしましょう。

特に上記の3つは、汗や服などが密着している部分で、通気性が悪くとても蒸れやすくなっています。また、初期の段階では、生えてきたムダ毛がチクチクしてかゆみが増していきます。

 

ケアのポイント

  • 保湿をしっかりする
  • 自己処理は3日程度開ける
  • 痒みなどが出たら薬
  • ニキビケアも必要

 

保湿ケアはいつも以上にやりすぎくらい

レーザー脱毛の後は一種の火傷状態なので、まずは、保湿がベターです。肌が熱を持っているということは、その分水分が蒸発して逃げやすくなっている状態ということを覚えておきましょう。放っておくと乾燥が進み痒くなっていき肌のバリア機能も低下して思わぬ肌荒れの原因になります。

 

自分でするムダ毛の処理は3日程度開ける

レーザー脱毛の後は2週間程度で、自然と抜け落ちていきます。2週間〜3週間はムダ毛の処理が気になるところですがレーザー脱毛直後は3〜4日ほど様子をみましょう。

ただでさえ乾燥しやすい状態ですので、カミソリなんかを使ってしまうだけで、より乾燥肌を促してしまいます。

 

 

かゆみが出たら薬を塗るサイン

かゆみが出ているというこうとは、「肌が乾燥」しているサインです。

肌を掻く前に、処方されている薬を塗って様子をみてあげましょう

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、医療脱毛の効果やメリット・デメリットについて紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

-医療脱毛

© 2020 脱毛・ムダ毛をなくすドットコム