医療脱毛の種類

ダイオードレーザー式脱毛器とは?3つの種類からあなたにおすすめは〇〇

ダイオードレーザー式脱毛器って一体どんな脱毛器なのか気になりますよね?また、実際にやるなら効果や特徴、メリット・デメリットも知っておきたいところ。

なので今回は、蓄熱式ダイオードレーザー式脱毛器について紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

蓄熱方式のダイオードレーザー脱毛機械を扱っているクリニック

GLOWクリニック

 

 

 

ダイオードレーザー式脱毛器とは?

ダイオードレーザー式脱毛器とは、人工的に作られたレーザーのことですが、人気の秘密は「蓄熱式脱毛器」という点。

脱毛とは熱ダメージの原理を利用して行うことが一般的で、「ショット式」と言われています。

脱毛の方法は、ムダ毛の細胞である毛乳頭・毛母細胞に熱を少しづつ当てながら脱毛を行っていきます

 

蓄熱式のデメリット

  • 少しづつなので時間がかかる

 

蓄熱式のメリット

  • 熱が弱い分日焼けしている肌にもできる
  • 色黒肌・色素沈着の方にも脱毛が可能
  • 産毛にも効果あり
  • 痛みが少ない

この様にメリットがたくさんあるのがダイオードレーザー式脱毛器になります。

デメリットとしては、時間がかかり遅い傾向にありますが、日焼けしている肌、色黒の方にも使えますし、痛みが我慢できない様な人にも使えるのが大きなメリットになっています。

 

【ダイオードレーザー式脱毛器が使える「グロウクリニック」】

 

 

 

 

脱毛器の種類は3つ

ここで、脱毛器の種類についてもご紹介しておきます。

先ほど紹介した「ダイオードレーザー式脱毛器」

「アレキサンドライド」「ヤグ」とこちらの3種類になります。

レーザー自体は「宝石」の光源を利用した方法。

 

医療脱毛の原理はメラニン色素に光が反応して吸収し熱に変わる原理を利用しています。この原理で発生した熱がムダ毛の発毛細胞にダメージを与えることで脱毛をさせることができます。

上記の3つは日本人に適した光の波長でありそれぞれで光の波長の長さが違います。

光の波長
アレキサンドライド 755mm
ダイオード 800mm
ヤグ 1064mm

これらの波長はどのくらい肌の奥まで届くかを表しています。

 

 

 

アレキサンドライト

アレキサンドライトは、3つの中で1番短い光レーザーです。

海外でも多く使われており最も定番のものになります。

レーザーの波長は短いほど強さがあり、メラニン色素への反応も強いので脱毛効果も1番強のが特徴です。

 

デメリット

  • 肌表面のシミやくすみにも反応しやすい
  • 火傷のリスクがある
  • 日焼け・色黒・色素沈着の方はできない

 

メリット

  • 非常に高い脱毛効果がある
  • 毛穴の黒ずみ・くすみ・シミなどの改善効果
  • ニキビ後の改善
  • 毛穴の引き締め効果
  • 美肌効果

デメリット・メリットの様にレーザーのパワーが強い分、脱毛効果は高いが、メラニン色素や黒い肌に反応しやすいためのデメリットも存在するので、もともと色黒の人や日焼けしている人にはあまり向かない場合が多い

肌が白い人には、引き締め効果の様な美肌効果もあるのでおすすめです。

 

 

 

 

ヤグ

ヤグレーザーは3つの中で1番光の波長が長いレーザーになります。

宝石の結晶は「アルミニウム」「ガーネット」「イットリウム」

 

1番波長が長いため、痛みが少なく、脱毛効果も弱いのが特徴。メインはどちらかというと、ニキビやしわといった肌トラブル、ケアに使われることが多く、アフターケアなどに向いています。

 

デメリット

  • 脱毛効果が弱い
  • 時間がかかる

 

メリット

  • 日焼け・色黒・色素沈着にも使える
  • 火傷のなどのリスクが少ない
  • 皮膚の深いところの毛根にもダメージを与えられる
  • ニキビ・しわなどの改善
  • リフトアップ効果

 

 

 

蓄熱式レーザー脱毛ができるおすすめクリニック

GLOWクリニック

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ダイオードレーザー脱毛の効果メリット・デメリット、他3つの脱毛の種類の紹介をしました!

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

-医療脱毛の種類

© 2020 脱毛・ムダ毛をなくすドットコム